1. 【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?
  2. 青汁のお役たち
  3. 青汁がニキビのケアに効果的な理由とは?

青汁がニキビのケアに効果的な理由とは?

青汁のお役たち
この記事は約 8 分で読めます。 240 Views

年齢や性別に関係なく、ニキビは困る、嫌なものですよね。
できるだけ早く治したい、可能ならばできないようにしたいものだと思います。

何かと健康によいと言われる青汁ですが、ニキビのケアにも効果はあるのでしょうか?
ニキビができないようにするために、できても早く治すために必要なケアにはどんなものがあるのでしょうか?

 

ニキビの種類と原因

ニキビとは、「毛穴が詰まり、その中で炎症が起きている状態」のこと。

様々な原因によって、皮脂や古くなった角質が毛穴につまり、その中で皮膚の常在菌(ニキビがない状態でももともといる菌)であるアクネ菌が増えすぎてしまうと、炎症が起きて赤くなったり、膿が溜まって膨らみ、ニキビと呼ばれる状態になります。

大きく分けて次のふたつの種類があります。

 

思春期のニキビ

皮脂の分泌が活発になる成長期に特有のニキビです。
額や鼻などのTゾーンを中心に、顔全体にできるのが特徴です。

性別に関係なく、誰もが体内に男性ホルモンと女性ホルモンの両方を持っていますが、男性ホルモンの中には皮脂の分泌を促す働きをもつものがあります。
女性でも生理前には皮脂の分泌を促す男性ホルモンの働きが活発になる上に、毛穴の周りの皮脂を厚くする働きをもつ黄体ホルモンも活発になり、皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。
さらに、健康的な肌を保つ働きをもつ女性ホルモンのエストロゲンがうまく作用しない場合、肌が乾燥しやすく、古い角質が溜まりやすくなり、ますますニキビができやすくなります。

成長期にはホルモンのバランスが崩れやすく、皮脂の分泌が活発になることが思春期のニキビの主な原因です。
しかし、成長期だからという要因だけでなく、食生活や睡眠不足などの生活習慣、ストレスでもホルモンバランスは乱れます。
生活習慣全般から、ホルモンバランスを整え、ニキビができにくい状態にしていくことが大切です。

 

大人のニキビ

成長期を過ぎてもできる大人ニキビは、あごや口の周りといった顔の下の部分やフェイスラインにできやすいのが特徴です。
膿を持った大きめのニキビができることが多く、繰り返しできる、治りにくい、ニキビ跡が残りやすい傾向があります。
お肌の乾燥、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因が重なってできます。

思春期ニキビの場合、脂っぽいお肌にできやすいものですが、大人のニキビは乾燥したお肌にできやすくなります
お肌の表面が乾燥すると、うるおいを守ろうとして皮脂を過剰に出し過ぎてしまい、それが毛穴に詰まるのです。
また、乾燥したお肌は、ターンオーバーが乱れて角質が硬く厚くなり、毛穴が狭まって詰まりやすくなりがち。
ニキビができたからといって、皮脂を取るようなスキンケアばかりを続けていると、ますます乾燥し、ニキビができやすくなってしまいます。

乾燥を防ぐスキンケアだけでなく、身体の内側からのケア、生活習慣の見直しによってターンオーバーを正常化し、うるおいを保てるお肌づくりをすることが重要です。

参考:エーザイ株式会社 Chocola.com
佐藤製薬株式会社 ヘルスケア情報

 

青汁はニキビのケアに効果的?青汁に含まれる栄養素とは

思春期のニキビも大人のニキビも、スキンケアだけでなく食生活や生活習慣の見直しが大切だということがわかりました。

ニキビの改善、予防において、青汁はどんなふうに役立つのでしょうか。
青汁に多く含まれる栄養素のうち、ニキビのケアに効果が期待できるものをまとめます。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は青汁に豊富に含まれるビタミンのひとつで、代謝に様々な影響を与えます。

ビタミンB2は、皮脂の分泌をコントロールする働きがあり、忙しさや激しい運動で疲れた時、妊娠中にも不足しやすいビタミンです。
牛肉や豚肉、牛乳、納豆、青魚などにも多く含まれます。

また、ビタミンB6には、皮膚の炎症を予防する働きがあり、イワシやサンマ、サケ、イカ、バナナにも豊富に含まれます。

ビタミンB群は身体に蓄積されにくいビタミンのため、毎日の食事で摂ることが大切。
青汁は調理の手間もなく、手軽に飲み続けられるので、バランスのよい食生活をサポートするのに最適です。

 

ビタミンC、E

ビタミンCは、体内でコラーゲンの合成を促進する働きがあり、肌の再生をサポートします。
ニキビができたお肌はデリケートで、通常よりもシミになりやすかったり、陥没してニキビ痕ができやすいのですが、これを防ぐ働きがあります。

ビタミンEにはホルモンのバランスを整える働きがあり、ニキビができにくい身体づくりに役立ちます。

ビタミンCは野菜や果物、ビタミンEはイワシやウナギ、オリーブオイルなどに多く含まれています。
ビタミンCは加熱に弱いビタミンのため、青汁を選ぶ際には原材料を加熱せずに加工したものを選ぶことをオススメします。

 

食物繊維

ニキビに悩む人の中には、便秘になるとニキビができやすい、という人も多いと思います。
便秘の原因は様々ですが、改善するためには食物繊維が欠かせません。

便秘が改善されて腸内環境が整うと、身体全体の代謝もよくなりやすく、お肌のターンオーバーの正常化が期待できます。

 

青汁以外にニキビのケアに必要なこと

青汁には、ニキビのケアに役立つ栄養素がたくさん含まれていますが、青汁だけに頼っていてもニキビは改善されません。

生活全般を見直す上で、大切なことをまとめます。

 

食生活の改善

よく知られたことだと思いますが、脂っこい食事、インスタント食品、甘いお菓子などの食べ過ぎには特に注意が必要です。
食事に含まれる脂肪や糖は皮脂のもとになりやすく、過剰に摂ると皮脂の分泌量も増加してしまうのです。

また、脂肪や糖を代謝する際にはビタミンB群が大量に消費されてしまい、不足しがちになってしまいます。
肌を健やかに保ち、皮脂の分泌をコントロールするために必要なビタミンが失われてしまいます。

一方で、極端にカロリーを抑えたり、脂肪や糖を制限するようなダイエットも禁物です。
肌に栄養が行き渡らずに荒れてしまったり、ホルモンバランスが崩れる原因になりがち。

美容と健康のためには、面倒かもしれませんがバランスのよい食生活が一番の近道なのではないでしょうか。

 

睡眠

皮膚は眠っている間にダメージを修復し、新しい皮膚を作ります。
寝不足はお肌のターンオーバーにも悪影響です。

寝不足だけでなく、睡眠が不規則な場合もニキビのリスクが上がります。
身体のリズムが混乱し、肌の細胞を活性化させる成長ホルモン、皮脂の分泌をコントロールするホルモンなどのバランスが崩れやすくなります。

忙しくて睡眠時間を確保できない、夜更かししがち、眠りが浅い、就寝時間が不規則といった場合は、規則正しい睡眠が取れるように生活を見直してみましょう。

 

肌への刺激

ニキビができやすいお肌はデリケートで、様々な刺激に敏感です。

例えば、スキンケアやメイク、マッサージなどで強くこすったり、衣服や髪の毛が当たったりするのも要注意です。
炎症が起きやすくなったり、治りにくくなったりしてしまいます。

皮脂をしっかり落とそうして洗顔をしすぎたり、保湿を怠るのもNGです。
過剰な皮脂はニキビの原因になりますが、適量の皮脂はお肌に必要なもの。
皮脂を落としすぎると、乾燥を防ぐために余計に皮脂が出てしまったり、必要なうるおいまで落としてしまうことも。
適度なクレンジングや洗顔と保湿が重要です。

紫外線や花粉、PM2.5などの化学物質もお肌に刺激を与えます。
デリケートになっているお肌にこれらの刺激が加わると、炎症が起きやすくなりがち。
刺激に負けないように、日頃からの体調管理やスキンケアと、刺激が強くなる時期の対策が重要ですね。

 

ストレス

特に大人のニキビは、ストレスで悪化しやすい傾向が。

ストレスが積み重なると、身体はそれに抵抗するために炎症を鎮める物質を消費し、お肌の炎症を鎮めるのが後回しになってしまいます。
また、ストレスを受けると体内に活性酸素が発生し、細胞が傷ついて免疫力が低下したり、お肌の組織が傷ついてしまったり…
ニキビができやすくなると同時に、できたニキビが治りにくく、痕も残りやすい状態になってしまいます。

軽い運動でリフレッシュしたり、ゆっくりお風呂に入ってリラックスしたり、ストレス発散の方法を身につけておくといいですね。

 

参考:エーザイ株式会社 Chocola.com
佐藤製薬株式会社 ヘルスケア情報

 

まとめ

青汁は薬ではなく、飲めばニキビが治る!というものではありません。
しかし、毎日野菜を十分に摂るのが難しい人や、忙しい人でも、手軽に飲むことができます。
ぜひ、毎日の食生活に取り入れて、ニキビができにくい身体づくりに役立ててください!

原材料や味、価格も様々な青汁がありますが、どんな青汁を選べばいいのか、青汁選びの際に抑えておきたい具体的なポイントについては、青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とはも参考にしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

妊娠中のつわり、便秘などの体調不良をきっかけに青汁にハマった、30代主婦ライター。
大学時代に栄養化学を学び、食品メーカーに勤務した経験も活かしつつ、健康に役立つ青汁の活用方法を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 青汁で高血圧対策ができる?理由と注意点とは

  • 青汁と血糖値対策の関係性と効果的な飲み方とは

  • 青汁にも含まれている葉酸って何?どうやって摂ればいい?

  • 子供は青汁を飲んでもいい?注意点とメリット

関連記事

  • 飲みやすい青汁を選ぶために、知っておきたいポイント

  • 青汁と牛乳を組み合わせるメリットとおすすめアレンジレシピ

  • 青汁に効果がないと感じる人が気をつけたい3つのポイント

  • 青汁に豆乳をプラスするメリットとオススメアレンジレシピ

  • 便秘解消のサポートに青汁が最適な理由と効果的な飲み方

  • ダイエット中に気になる、青汁のカロリーとは