1. 【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?
  2. 青汁のお役たち
  3. 青汁を飲み過ぎるとどうなる?飲み過ぎはやめた方がいい理由とは

青汁を飲み過ぎるとどうなる?飲み過ぎはやめた方がいい理由とは

青汁のお役たち
この記事は約 7 分で読めます。 119 Views

青汁は、健康によい飲み物の代表格。
スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでも手軽に入手でき、味わいも飲みやすいものがたくさんあります。
健康によいとされる成分をプラスしたものも多いですよね。

しかし、飲めば飲むほど健康になる、効果がある、と思っていたら、注意が必要です。
たくさん飲んでも効果が倍増することはないどころか、逆に体調を崩してしまう恐れもあるのです。

 

青汁はどれくらい飲むべき?

青汁は医薬品ではなく、食品です。
医薬品であれば、1日あたりの用量が決まっていますが、青汁には厳密な用量はありません。

とは言え、いくらでも好きなだけ飲んでもいいかというと、そんなこともありません。

 

メーカーが推奨する量を守ろう

青汁には、ペットボトルや紙パック入りの飲料タイプ、粉末を溶かして飲む粉末タイプ、錠剤タイプなどがあります。
どんな商品であっても、摂取の目安量が書かれているはずです。

商品によって異なりますが、1日あたり1~2杯程度が一般的でしょうか。
これを大きく超えることがないようにしましょう。

また、目安量は、健康な大人を基準にして設定されていることが多いです。
お子さんやお年寄り、持病のある人が飲む場合は、医師や薬剤師などに確認したり、少量から試して徐々に増やしていったりするなど、体調の悪化がないことを確認しながら生活に取り入れていくことが大切です。

 

飲み過ぎによる身体への影響

もしも青汁を飲み過ぎた場合、次のような悪影響が出る可能性が考えられます。

 

下痢、腹痛

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。
適量を摂ることは健康のために大切なことですが、摂り過ぎるとおなかがゆるくなったり、ひどい時は下痢になってしまうことも…

また、錠剤タイプ以外の青汁は、飲み物として飲むことが多いと思います。
冷たい状態で飲んだり、牛乳でおなかがゆるくなる人が牛乳に溶かして飲んだりすることも、腹痛や下痢の原因になりかねません。

 

吐き気、嘔吐

身体に悪いことなどなさそうな水ですら、一気に飲み過ぎると吐き気を催したり、吐いてしまうことがあります。

いくら青汁が身体にいいからといって、頻繁に飲んだり、一度に大量に飲むことはやめましょう。

 

薬物性肝障害(倦怠感、黄疸、発疹、かゆみなど)

ごくまれにではありますが、肝臓の機能に障害が起こり、倦怠感、黄疸、発疹、かゆみなどが生じる可能性があります。
多くは体質に合わないことが原因で、年齢や性別、持病の有無は関係がないことが多いようです。

サプリメントなどにも言えることですが、青汁には様々な成分が、通常の食品として食べるのに比べると高濃度で大量に含まれています
普段の食生活の中ではアレルギーもなく、身体に合わないと感じたことがなかったとしても、たくさん摂ると健康被害を引き起こす可能性があります。

いきなり大量に飲み始めるのではなく、少量から徐々に量を増やして体調を観察し、目安量を超えないようにすることが大切です。

また、目安量を守っていても、青汁を飲み始めてから体調の異常が出て、症状が続く場合は、使用を中止して医療機関にかかりましょう。
その際、飲んでいる青汁の情報(商品名、メーカー名など。パッケージを持参するとよい)をお医者さんに伝えましょう。

参考:独立行政法人 国民生活センター 平成29年8月3日報道発表資料「健康食品の摂取により薬物性肝障害を発症することがありますー『医師からの事故情報受付窓口』からー」

 

青汁に含まれる成分と過剰摂取

一般的に、青汁には次のような成分が多く含まれています。

健康な大人が、常識的な食生活の中で、目安量を守って飲む分には、重篤な健康への悪影響は出にくいと考えられます。
しかし、お子さんや高齢者、持病のある人などは、健康な大人と同じ量を飲むと多過ぎる可能性があります。

また、食事を青汁だけで済ませるなど、いわゆる「置き換えダイエット」のようなことをすると、思いもよらない健康被害が出ることも。
無理な飲み方をするのは避けましょう。

 

食物繊維

食物繊維には様々な種類がありますが、その多くは消化吸収されない、あるいはされにくいものです。
便のかさを増したり、腸を刺激して便秘を解消する効果があるとされていますが、摂り過ぎると腹痛、おなかがゆるくなる、下痢などを引き起こす可能性があります。
胃腸がデリケートな人やお子さん、お年寄りなどは注意が必要です。

なお、食物繊維の1日あたりの摂取目標量は、成人男性20g、成人女性18gとされています。
理想的には1日あたり24g以上、とも言われており、これ以上摂ってはいけないという上限値も設定されていません。
食物繊維を摂り過ぎることによる、生活習慣病などのリスク増加も報告されていないと考えられています。
個々人のおなかの調子と相談しながら、というのが現実的なところではないでしょうか。

参考:厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書 各論「炭水化物」

 

脂溶性ビタミン

ビタミンには、水に溶けやすいビタミン(水溶性ビタミン)と脂に溶けやすいビタミン(脂溶性ビタミン)があります。
脂溶性ビタミンの中には、血中濃度が高くなり過ぎたり肝臓に溜まり過ぎたりすることで、健康に悪影響が出るものがあります。

 

ビタミンA

植物性の食品では、カロテノイドとして摂取され、体内でビタミンAに転換されます。
体内にビタミンAが豊富にあれば、カロテノイドがビタミンAに転換されることはなく、過剰な状態になることはありません。

しかし、レバーなどの動物性食品、サプリメントではビタミンAとして摂取されるため、摂り過ぎると過剰摂取となる可能性があります。

青汁の原材料である野菜に由来するビタミンA(カロテノイド)が原因で過剰摂取になることは考えにくいですが、ビタミンAを添加している青汁があれば、注意が必要です。

過剰摂取による症状として、頭痛、脱毛、お肌が乾燥して剥がれる、筋肉痛などが起こります。

 

ビタミンK

ビタミンKは血液凝固因子(血を固める働き)を活性化し、血液の凝固を促進するビタミンです。
この他にも、骨の形成を調節したり、動脈の石灰化を抑制するといった働きも担っています。

通常の食生活では、ビタミンKの欠乏、過剰は起こらないとされています。
また、骨粗しょう症の治療薬として処方されるケースもあり、1日の用量を超えた服用による副作用も報告されていません。
通常は、青汁を飲むことによる過剰摂取の可能性は低いと考えられます。

しかし、血液の抗凝固剤であるワルファリンという薬を飲んでいる人にとっては、話が別。
ビタミンKは薬の効き目を弱めてしまうため、禁忌とされています。
ワルファリンを飲んでいる人は、青汁を飲まないようにしましょう。

参考:厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書 各論「脂溶性ビタミン」

食品安全委員会 平成27年12月「いわゆる『健康食品』について」

 

カリウム

カリウムは野菜や果物に多く含まれ、体液の浸透圧を調整し、神経や筋肉の働きを正常に保つ働きがあります。
通常の食生活の中で、欠乏症、過剰症になるリスクは低いと考えられており、摂取上限値は特に設けられていません。

しかし、腎機能に障害のある人がカリウムを積極的に摂ると、高カリウム血症を生じることがあるため注意が必要です。
腎臓の機能に不安がある人は、青汁を飲み始める前にお医者さんに相談するようにしましょう。

参考:厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書 各論「ミネラル(多量ミネラル)」

 

まとめ

せっかく健康になりたくて飲んだ青汁が原因で、体調不良や病気になってしまっては元も子もありません。
青汁だけでなく、他のサプリメントや健康食品でも、目安量を守って摂ることが大切です。

また、ひとつひとつの商品では少量の成分でも、複数を摂ることで過剰摂取になってしまうケースも。
一度にたくさんの健康食品やサプリメントを摂ることは避け、不調があればすぐに中断するようにしましょう。

青汁だけで健康になろうとするのではなく、食生活や運動、睡眠などの生活習慣全般の改善が重要です。
生活習慣全般を改善しても足りない部分を青汁で補う、という意識が大切なのではないでしょうか。

ご自身の体調や生活にマッチする青汁を選ぶ際には、青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?を参考にしてみてください!

\ SNSでシェアしよう! /

【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

妊娠中のつわり、便秘などの体調不良をきっかけに青汁にハマった、30代主婦ライター。
大学時代に栄養化学を学び、食品メーカーに勤務した経験も活かしつつ、健康に役立つ青汁の活用方法を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 青汁にも含まれている葉酸って何?どうやって摂ればいい?

  • 子供は青汁を飲んでもいい?注意点とメリット

  • 食物繊維が豊富な青汁、飲むとどんなメリットがある?

  • 青汁がニキビのケアに効果的な理由とは?

関連記事

  • 便秘解消のサポートに青汁が最適な理由と効果的な飲み方

  • 飲みやすい青汁を選ぶために、知っておきたいポイント

  • 青汁とヨーグルトを組み合わせるメリットとおすすめアレンジレシピ

  • 青汁に効果がないと感じる人が気をつけたい3つのポイント

  • 妊婦さんは青汁を飲んでもいい?メリットと注意点

  • 青汁にも含まれている葉酸って何?どうやって摂ればいい?