青汁ランキング

MENU

トクホのヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉

鷲のマークでおなじみ、大正製薬が販売しているトクホの『ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉』。購入前に知っておきたいその効果や味、価格などを徹底検証していきます。

 

目次

血糖値が気になる方に!トクホの青汁『ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉』
ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の効果・効能
ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の原材料
青汁の味や飲みやすさ、飲み方は?
気になる1回あたりのコスパは?
ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉はどこで買える?
ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の口コミ
ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉のまとめ

血糖値が気になる方に!トクホの青汁『ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉』

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

 

健康飲料としてしられる青汁ですが、さらに100年以上の歴史のある大手製薬会社から特定保健用食品として販売されているのが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉です。

 

「最近健康診断で血糖値が上がってしまって…」
「青汁はいろいろなところから出てるけど、よく知らないメーカーのを飲むのはちょっと気になる…」
「青汁は気になるけど効果があるのかどうかいまいちわからないし…」

 

そんな方に、大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉はとてもおすすめです。

 

その理由は
・消費者庁が認可する特定保健用食品(トクホ)である
・難消化性デキストリンを配合していて血糖値上昇を抑制してくれる

 

この2つのことから言えます。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の効果・効能

難消化性デキストリン効果

 

難消化性デキストリンが血糖値上昇を抑制

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉は、食後の血糖値が急激に上昇するのを防いでくれるトクホの青汁です。難消化性デキストリンという成分の働きにより、小腸粘膜からの糖分の吸収を穏やかにすることで、食後の急激な血糖値の上昇を抑制してくれます。

 

こうした働きがあることは、食後血糖値が上がりやすい被験者22名にヘルスマネージ大麦若葉青汁と難消化性デキストリンを抜いたものとを米飯とともに摂取させて食後の血糖値を測定するという試験でも効果が証明されています。結果としてヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉を摂取した方はそうではない青汁に比べ、摂取後30分の血糖値に明らかな上昇抑制効果が見られたそうです。

 

 

青汁は「なんとなく効果がありそう」、というものも多いですが、このヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉は消費者庁が認可する特定保健用食品ですから、血糖値に対する効果が試験によって実際に認められている、というところが他の青汁とは違うのです。

 

便秘改善にも効果がある?

難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維の一種ですし、原材料の大麦若葉も非常に食物繊維が豊富な植物です。トクホとして効果が認められているのは血糖値への働きではありますが、こうした原料から便秘改善・整腸作用にも一定の効果があると期待できそうです。

 

キトサン青汁とデキストリン青汁の違い

大正製薬では、このヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉以外にも、ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈キトサン〉というトクホの青汁があります。こちらも特定保健用食品として効果が認められているキトサンという成分が含まれている青汁です。

 

難消化性デキストリンが食後の血糖値が気になる方に向けた商品であるのに対し、キトサンはLDLコレステロールが気になる方に向けた商品になっています。このキトサンはLDL(悪玉)コレステロール値を低下させる効果が臨床試験によって認められているのです。「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」という名前は同じなのですが、それぞれで効果が違います。難消化性デキストリンとキトサン、購入の際は間違えないようにしましょう。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の原材料

ヘルスマネージ大麦若葉青汁原材料

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉に使われている原材料は、水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物となっています。

 

水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉には名前のとおり、難消化性デキストリンが含まれています。1袋6.8gあたりでなんと5.1gも含まれています。

 

難消化性デキストリンはとうもろこしやじゃがいもに含まれるデンプンを分解した後に残る、水溶性の食物繊維の一種です。名前のとおり「消化されにくい」素材で、糖の吸収を穏やかにする働きがあります。そのため、食事と一緒に飲むことで、飲んでいない時よりも糖が時間をかけてゆっくりと体に吸収されるようになります。

 

名前だけ聞くとなんだかよくわからない成分が入ってる…?!と思ってしまいがちですが、とうもろこしやじゃがいもか…と思うととても安心な気がしますよね。

 

大麦若葉

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉に青汁の素材として含まれているのは、栄養バランスのいい大麦若葉です。大麦若葉には有機JAS認定の九州産大麦若葉を採用しています。火山灰を多く含んで有機物の含有量が多い九州地方で育った大麦若葉は、アスパラの約9.5倍のビタミンB2、小松菜の約6.5倍の葉酸、そしてほうれん草の約8.8倍の鉄分が含まれています。

 

有機JAS認定の農産物は全体のわずか0.2%といわれており、この大麦若葉は栽培中はもちろんのこと、植え付けをする2年以上前から畑の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないなどという厳しい規格をクリアしています。かなりの手間と時間、そしてコストをかけて安心安全にこだわっているということが分かるかと思います。

 

抹茶・緑茶抽出物

大麦若葉の青汁はケールに比べて味にクセがないというメリットがありますが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉には抹茶や緑茶抽出物が配合されているためさらに飲みやすくなっています。

青汁の味や飲みやすさ、飲み方は?

とにかく飲みやすい!?ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉

青汁はやはり飲み続けないと効果が得られないものですし、まずいと続きませんから味が気になるところ。ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の味はどうなのでしょうか?実は口コミでもこの青汁はかなり飲みやすい部類に入っています。むしろ、「本当に青汁なのか…?」と疑ってしまうくらいです。

 

味としてはやはり抹茶や緑茶抽出物が含まれているからか、お茶のすっきりした味わいで、ゴクゴク飲めるようなタイプです。青汁らしいクセのようなものも特にないので、食事と一緒に飲んでも食事の味を損ねたりしなそうです。

 

飲みやすい青汁というと、「ほんとうに効き目があるのか…?」と思ってしまいそうですが、こちらはトクホでその効果が認められている青汁なので、その点も安心です。

 

飲み方の注意点

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉には飲む際に以下のような点に注意しましょう。

 

1. 食事と一緒に飲む
難消化性デキストリンの効果は小腸粘膜からの糖の吸収を穏やかにし、食後の急激な血糖値の上昇を抑制するというものです。そのため、食事と一緒に飲む必要があります。

 

2. 1日の摂取目安は1袋
ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の1日摂取目安量は食事とともに1袋(6.8g)を目安となっています。

 

3. お湯ならぬるま湯で飲む
青汁をお湯で割って飲むという場合には、ぬるま湯にしましょう。せっかく栄養の豊富な大麦若葉ですが、含まれるビタミンやミネラルが熱で壊れてしまう可能性がありますので、40度以上のお湯で溶かして飲まないようにしましょう。

気になる1回あたりのコスパは?

食後の血糖値に効果があると認められているからといって、かんじんなのはそれが続けられるかどうかです。どんなに効果があったとしても、お値段的に続けられなければ意味がありません。気になる1回あたりのコスパはどうなっているのでしょうか。

 

年間8,808円もお得な定期お届けコースがおすすめ

 

大正製薬ダイレクトのホームページでは、定期お届けコースと1回のみお届けとで販売価格が違ってきます。

 

定期お届けコースになりますと、
・初回が10%OFF
・送料無料

 

になりますので、合計で年間8,808円お得になります。指定のサイクルで自動的に商品を届けてくれますし、次のような特典がついています。

 

定期お届けコースだけの7大特典

  • 特典1 毎回お得な特別価格送料無料
  • 特典2 毎回指定日にお届け
  • 特典3 お届け日変更や一時休止も可能
  • 特典4 健康情報冊子をお届け
  • 特典5 特別な優待やプレゼント
  • 特典6 定期以外の商品もお得な特別価格
  • 特典7 健康チェッカーも特別価格

 

なかでも血液検査で14項目もの健康状態が数値でわかり、専門家が詳しく解説する健康チェッカーがちょっと気になる特典ではないでしょうか。プレゼントしてくれるほど気前良くはないようですが、特別価格で購入することができるようです。製薬会社ならではの特典、少し気になりますよね。

 

まとめて注文すると10%OFF

さらに、まとめ買い割引というものがあり、1回の合計金額が15,000円(税込)以上の注文の場合には購入金額の10%OFF割引で購入することができるそうです。さらに送料も無料となります。定期お届け割引や定期会員特割など他の割引サービスとの併用はできないということですが、単純にコスパを低くしたいのであればこちらで購入するといいかもしれません。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の場合は4,104円が販売価格ですので、4箱分で16,416円になりますから、10%OFFで14,744円となります。青汁の効果は飲み始めてすぐさま出るというものではなく、続けていくことが大切ですから、ちょうどいい量とも言えますが、お試しで1万円オーバーはちょっと…という場合にはまずは1箱から試してみるといいでしょう。

 

1箱4,000円オーバーというのは少し高いような気もしますが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の1回あたりのコスパは缶ジュース1本程度と、他の人気の青汁と比較してもまあまあ平均程度の価格です。しかし、トクホで効果がきちんと認められているのに他の青汁と同程度の価格で購入出来るということは、つまりコスパが非常に高い青汁だということではないでしょうか。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉はどこで買える?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉はどこで買えるのでしょうか。実はヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉は通販限定商品になっているので、ドラッグストアなど市販で購入することができません。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉が買える通販サイト
楽天

楽天でもヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉はいくつかのドラッグストアで販売しているため購入することができますが、価格は5,277円とけっこうな割高です。もちろん、公式サイトのショップのように特典もありません。

 

Amazon

意外なことに、一番価格が安いのがAmazonです。Amazonでは2,940円で送料無料で購入することができます。これは、公式サイトで10%OFFで購入するよりもさらに割安です。在庫数が少なめなのが気になりましたが、在庫があればここから購入するのが一番お得でコスパもいいでしょう。

 

公式サイト

公式サイトでは特典などもありますし、またAmazonのように在庫を気にしなくていいので長期で続けていくにはやはり公式サイトは安定しています。またいちいち注文しなくても、定期コースならちょうどよいころに届けてくれるので、その点手間もかかりません。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の口コミ

ヘルスマネージ大麦若葉青汁口コミ

 

「ダマにならないで水にすっと溶けてくれるのがうれしい。味も他の青汁いくつか飲みましたが、ダントツで飲みやすかったです!ほぼお茶のような感覚で飲めています。濃いめのお茶のような味ですね。青汁っぽい青臭さ見たいのはほぼありません。」

「他のメーカーの青汁を飲んでましたが、大麦若葉系の青汁はやっぱりおいしいですね。これは抹茶風味でさらに飲みやすいです。食後の血糖値を抑えてくれるという効果がいいなと思って購入しましたが、普通に購入するにはちょっと高いのが難点かな…トクホだから仕方ないかもしれませんが…」

「ダイエット目的で青汁飲み始めました。トクホだし糖の吸収を穏やかにしてくれるというし、ダイエットにも効き目あるかな?と思ってヘルスマネージを飲み始めたんですが、3ヶ月たっても体重にさほど変化なし。ただお通じはよくなりました。」

「製薬会社さんだから効果の方はそれなりに期待できるんだろうけど、味はまずいんだろうな…と購入してみたところ、すごい美味しい青汁でした。まるでお茶みたいです。これなら他の青汁で続けられなかった人にも間違いなくおすすめかも。」

「最近血糖値のほうが気になり始めたので、大正製薬の大麦若葉青汁を飲んでみることにしました。大麦若葉青汁はくせがなくて飲みやすいし、1袋の熱量8.9kcalとすごい低カロリーなので、ダイエット中の方にもおすすめですよ。」

「一番近いのは、グリーンティーかもしれないです。大麦若葉の青汁だからか、ケールみたいな独特のクセとかもなくてまるで上品なお茶を飲んでいるような味です。」

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉のまとめ

健康のために青汁をはじめたいけれど、どれを選べば効果があるのかいまいちわからない…という方は少なくないと思います。それぞれにいいところがあるようですが、それらを全て比較することは難しいです。ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉はその効果がきちんと実験で認められているという点が、やはり他の青汁から一歩抜きん出ていると言えるでしょう。

 

こんな人におすすめ!

おすすめ

  • 血糖値が気になる方
  • 健康のために青汁を始めたい方
  • 原料やメーカーがしっかりしている安心の青汁を飲みたいという方
  • 青汁は青臭さや味が苦手で飲めない…という方
  • 美味しく青汁を続けたいという方

 

血糖値が気になっても、それを日々の食生活の中で改善していくのはなかなか難しいところですよね。なかなか血糖値対策までできないのが現状、という方も多いかと思います。ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉なら、食中に1杯の青汁を飲むだけで、糖の吸収を穏やかにしてくれますから、生活習慣や食習慣で悩んでいる方にとてもおすすめです。

 

ただし、青汁はあくまでも健康をサポートするものです。これを飲んでいるからといって暴飲暴食をしていいか、というと決してそんなことはありません。生活習慣・食習慣を整えながら、それにプラスして毎日こつこつと飲み続けるようにしましょう。

 

摂取上の注意点として、糖尿病と診断された方や現在治療中という方の場合には、飲む前に担当の医師に相談するなどしましょう。

 

またこの青汁には抹茶、つまりカフェインが含まれていますので、妊娠中の方や授乳中の方はご注意ください。