青汁ランキング

MENU

青汁の副作用

青汁を健康や美容のために飲む方が増えています。

 

しかし、ここで気をつけたいのが、

 

・いくら体にいいとは言っても飲み過ぎれば副作用を起こすこともある
・人によっては体に悪い影響を及ぼす可能性もある

 

という点です。

 

健康のために青汁を飲もうと思っている方、まずはどういった副作用があるのか?どのような場合に影響があるのか?ある程度理解をしてから始めてみてください。

 

目次

飲みすぎによる副作用
こんな人は飲んではダメ!リスクの高い副作用
原料による副作用の違い
妊娠中の女性や不妊治療中の女性への副作用は?

 

飲みすぎによる副作用

青汁副作用

青汁には豊富な栄養素が含まれています。そのため1日に何杯も飲んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、栄養成分のなかには過剰に摂取しても問題ないものもありますが、なかには過剰摂取により副作用を起こす可能性のある成分もあるのです。一般的に、青汁の飲み過ぎによる副作用としては次のようなことが言われています。

青汁副作用

下痢

青汁の飲みすぎによる副作用として最も多いのが下痢です。青汁には豊富な食物繊維が含まれていますので、効能として便秘の解消効果があると言われています。口コミでも「お通じが良くなった」、といった口コミは多いですよね。しかし、飲み過ぎてしまいますと今度はその豊富な食物繊維によりお腹がゆるゆるしてしまい下痢になることがあるといいます。

 

また過剰摂取により下痢になりますと、青汁に豊富に含まれていた消化酵素の力によって体にとって有益な栄養成分までどんどん消化排出してしまうということも…やはりなんでもやりすぎは禁止ですね。

 

ただし逆に、1日に適量の青汁を飲むことで整腸作用により下痢を改善する効果もあります。青汁に含まれる水溶性の食物繊維には腸の働きを整える力もあるのです。やりすぎは禁物ですが、適量を正しく飲むことでお腹の調子を整えていくといいでしょう。

 

ビタミン過剰症

青汁にはビタミン類が豊富ですが、過剰に取りすぎることで起きてしまう副作用もあるのです。

 

ビタミンには、水に溶けやすい「水溶性ビタミン」と油に溶けやすい「脂溶性ビタミン」とがあります。ビタミンBやCは水溶性ビタミンで許容量以上は体に吸収されず排出されてしまうので問題ありません。

 

問題は脂溶性ビタミンで、こちらは健康にとって必要な栄養素であることは間違いありませんし脂質を吸収する媒介としての効果などがあるのですが、脂にくっつきやすいため過剰に摂取してしまった場合には体から排出されず、どんどん体に溜まっていきます。これが溜まっていくとビタミン過剰症を引き起こすことがあるのです。

 

脂溶性ビタミンにはビタミンAやビタミンE、ビタミンKなどが該当しますが、これが溜まっていきますと

 

・頭痛
・吐き気
・食欲不振
・嘔吐
・湿疹

 

などといったアレルギー反応に近い症状が出てきます。

 

粉末青汁1包あたりに含まれるこれらの量はそれほど多くないですし、決められた目安量で飲んでいれば青汁によるビタミン過剰症は心配するほどではありません。しかし、たくさん飲んだほうが効き目があるかも!とかダイエットのためとかで目安量をオーバーしてガブガブ飲んでしまうと健康を損ねてしまう可能性がある、ということは覚えておきましょう。

 

尿路結石

青汁は各メーカーごとで使用されている原料に違いがあります。青汁によく使われる原料としてホウレンソウや小松菜、モロヘイヤなどの青物野菜がありますが、実はこれらの野菜には結石の原因となる「シュウ酸」という成分が多く含まれています。

 

シュウ酸はカルシウムと結合しやすく通常は腸で結合して排出されてしまうのですが、過剰に摂取しますと腸から腎臓へと流れて尿のなかでカルシウムと結合してしまい、腎臓や尿管、膀胱、尿道などで結石となってしまうのです。

 

症状としては

 

・細い尿管を通る際の激しい痛み
・尿管内を傷つけた際の血尿
・吐き気

 

などといったものが伴います。

 

水分を多めに取り、尿の量と回数を増やすことで尿管の中のシュウ酸やカルシウムを排出していけば、体内の濃度も低くなりますから副作用を起こすリスクも減らすことができるでしょう。

 

シュウ酸は身近な野菜に含まれているもので、他にもタケノコやブロッコリー、セロリなどといったものにも含まれています。特に生のホウレンソウなどを使って自分で青汁を作っているという方は注意が必要です。

 

じゃあ食べないほうがいいの?というとそんなことはありません。シュウ酸はいわゆる”あく”の成分で水溶性ですので、普段野菜を食べるときのように水にさらしたり茹でたりすれば問題ないものです。また、加熱によっても量を減らすことができます。

 

市販の青汁はそう心配はないとはいいますが、心配でしたらシュウ酸が多く含まれている青汁は避け、ケールなどシュウ酸が少なめな原料を使った青汁を選ぶようにするといいでしょう。もちろん、過剰摂取には気をつけてください。

 

便秘

下痢の副作用があるのに、今度は便秘!?と驚かれるかもしれませんが、実は消化が良くなりすぎてしまうと逆に便秘になってしまうことがあるようです。食物繊維は過剰に摂取してしまいますと、今度は腸内に停滞してしまって、それが便秘のもとになるのだとか。青汁を飲んで便秘がひどくなった…という方は、飲み方に少し気をつけてみるといいでしょう。

 

過ぎたるは及ばざるが如し、ということですね。

こんな人は飲んではダメ!リスクの高い副作用

禁忌

青汁を飲むことで、疾患を抱えている方や薬を処方されている方の場合、リスクの高い副作用を起こす可能性があります。下記のような方は摂取を控えるか担当医師に相談するようにしましょう。

 

・ワーファリンを服用している方
・腎臓が弱っている方

 

ワーファリンを服用している方

青汁には豊富なビタミンが含まれており、それが魅力の一つでもあります。なかでもビタミンKはほうれん草や小松菜などにも含まれている栄養素で、骨の成長には欠かせないものなのですが、血液を凝固させる成分を活性化する効果があるのです。

 

心臓や血管に病気がある方の場合、抗凝固薬としてよく使われるワーファリン(血液をサラサラにする薬)を処方されることがあります。このような薬を処方されている方の場合、血液を凝固させる作用を持つビタミンKが薬の効果を阻害してしまうことがあり、ビタミンKを含んだ素材の摂取はNGとされています。

 

腎臓が弱っている方

青汁に含まれているカリウムにはミネラルが豊富に含まれています。カリウムには細胞内の水分量を調節したり排出したりする利尿作用があるので、むくみ解消にも効果的です。ただし、腎臓が弱い方、腎臓になんらかの疾患を抱えていて機能が低下している方の場合には高カリウム血症を引き起こす可能性があるため青汁を飲んではいけません。

 

腎臓が正常に機能していない状態ですと、カリウムの排泄が正常にできず、余分なカリウムが体の中に蓄積されたままになってしまいます。

 

血中のカリウム濃度が上がりますとどうなるかといいますと、

 

・手足のしびれ
・不整脈
・吐き気
・筋力の低下
・血圧低下
・意識障害

 

などといった症状があらわれます。

 

通常、健康な方が青汁を多く飲みすぎてしまっても、カリウムは尿によって体外に排出されますので高カリウム血症となるケースはほとんどないそうですが、可能性としてはなくはないのでやはり飲み過ぎには注意しましょう。

原料による副作用の違い

青汁に使用されている原料によって、出てくる作用にも違いがあります。そもそもは野菜、食べ物ですから副作用というほどのものはありませんが、それぞれの原料の持つ効果や効能から摂取を控えたほうがいい、注意したほうがいいケースというのもあります。

 

ケール

非常に栄養価の高い緑黄色野菜であるケールは、青汁の材料としてよく知られていますね。ケールにはβカロチンやビタミンC、カルシウム、葉酸、鉄、食物繊維などが豊富で、ビタミンKやマグネシウムといったものも含まれています。

 

腎臓機能が低下している方は注意

ケールにはカリウムが含まれているため、腎臓機能が低下している方は注意しましょう。

 

ワーファリン服用中の方は注意

野菜ですしそもそも副作用という概念もないのですが、1点、ビタミンKを含んでいるということで、血液凝固作用があることから、ワーファリンなどの薬を処方されている方の場合には薬の作用を弱めてしまう可能性がありますので服用しないよう注意しましょう。

 

 

大麦若葉

大麦若葉はイネ科の植物である大麦の若い葉の部分のことです。こちらも基本的には副作用というほどのものはありませんが、人によっては注意すべき点があります。大麦若葉には、SOD酵素やカルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウム、ミネラル類、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維など他にも様々な栄養素がたっぷりと含まれています。

 

小麦粉アレルギーの方は注意

ここで気になるのが、「大麦若葉」という名前です。大麦なのですから、小麦粉アレルギーを持っている方は影響があるのでは?と思いますよね。大麦若葉の青汁は基本的にはそれほど問題もなく摂取できると言われてはいます。しかし、アレルギーの症状の出方は人によって様々ですし、アレルギー症状を引き起こす可能性はゼロではありません。また重篤な症状が出るおそれのある方は大麦若葉を原料とした青汁は避けるようにしましょう。

 

妊娠中の女性は避けたいカフェイン

大麦若葉には緑茶と同じくらいのカフェインが含まれています。それほど多くはありませんが、妊娠中のカフェインの摂取は流産や早産などの原因にもつながります。最近では、ノンカフェインの大麦若葉の青汁なんて言うものも出ていますから、妊娠中の女性で青汁を摂取する場合にはそうした商品を利用したり大麦若葉が含まれていない青汁を飲むようにするといいでしょう。

 

腎臓に疾患のある方も注意

大麦若葉にはカリウムも豊富に含まれていますが、腎臓に重篤な病気を抱えている方の場合カリウムを排出する機能が低下していますので摂取を控えましょう。

 

ワーファリン服用中の方は注意

大麦若葉にもビタミンKは多く含まれているため、ワーファリンなどの薬を処方されている方の場合には薬の作用を弱めてしまう可能性がありますから服用しないよう注意してください。

 

 

明日葉

明日葉は緑黄色野菜の王様とも言われており、「今日、葉を摘んでも明日は新しい葉が生えている」と言われるほど生命力が高い野菜です。明日葉には、カルコンやクマリンといったポリフェノールやβカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。栄養が豊富ではありますが、それゆえの副作用といいますか、過剰摂取による副作用などもあります。

 

過剰摂取は日光アレルギーを引き起こす恐れ

明日葉にはフクロマリンという成分が含まれていますが、明日葉を過剰摂取しますとこの成分の作用によって光過敏症を引きおこす恐れがある、と言われています。光過敏症はいわゆる日光アレルギーのことで、紫外線を浴びることによって湿疹やかぶれ、水ぶくれといった皮膚炎の症状が出ます。

 

食物繊維の過剰摂取

明日葉の青汁にはケールや大麦若葉と比べても食物繊維が多く含まれていて、適切な量の摂取であれば整腸作用がかなり期待できるものですが、過剰摂取してしまえば下痢や便秘といった症状を起こしやすくなります。

 

ビタミン過剰症

明日葉にはβカロテンが豊富に含まれていますが、βカロテンは体内で脂溶性のビタミンAに変わります。脂溶性ビタミンは過剰摂取しますと体から排出されずどんどん溜まっていきますので、頭痛や吐き気などといったビタミン過剰症を引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

 

腎臓に疾患のある方も注意

明日葉にもカリウムが豊富に含まれているため、腎臓病の方は摂取を控えましょう。

 

ワーファリン服用中の方は注意

明日葉にもケールや大麦若葉同様、ビタミンKが豊富に含まれていますので、ワーファリン服用中の方は薬の作用を弱めてしまう可能性がありますから服用しないよう注意してください。

 

 

桑の葉

桑の葉はお茶や漢方薬として古くから使用されてきたもので、桑は葉だけでなく実や根、枝まで漢方薬の原料となるのだそうです。成分としては桑の葉特有の成分の 1-デオキシノジリマイシンや、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ギャバ、ルチンなどといった健康維持に欠かせない成分を豊富に含んでいます。桑の葉には、これまで問題となる副作用や健康被害といった報告がほとんどありません。

 

妊婦や授乳中の方は念のため注意を

桑の葉には副作用などの報告はありませんが、妊婦や授乳中の方に対するデータもなく、臨床研究が十分とはいえないため、念のため摂取を控えましょう。

 

糖尿病の治療を受けている方は医師に相談を

桑の葉には糖分の吸収を抑える作用があるため、糖尿病治療中でなんらかの薬を処方されているという方は担当の医師に相談をするなど注意してください。

 

膨満感が出る

副作用、というほどではありませんが、まれに桑の葉を摂取した際に膨満感でお腹が張ったりおならが出たりといった症状が出るようです。

 

チェック

 

このように、青汁の原料になる野菜にはそれぞれの効能・効果の違いによりあらわれる副作用にも違いがあります。

 

過剰摂取は控え、また疾患がある方や薬を処方されている方などは担当の医師に相談するか摂取を控えるようにしましょう。

 

妊娠中の女性や不妊治療中の女性への副作用は?

妊娠中や授乳中というのはお母さんが取り込んだ栄養がそのまま赤ちゃんの栄養となりますから、食べ物には特に気を使いますよね。青汁は基本的には野菜ですし、妊娠中に必要な栄養素も豊富に含まれています。

 

例えば妊娠前や初期の体に必要な葉酸は、その時期には1日に400μgの摂取が必要、と言われています。ビタミン、ミネラル、葉酸など栄養素をバランス良く含んだ青汁は、たくさんの栄養素を必要とする妊婦さんにとって積極的に飲んだほうがいい飲み物と言えるでしょう。

 

しかし、青汁のなかには妊娠中や授乳中の方は使用をお控えくださいと書かれているものもあります。

チェック

カフェイン

青汁の中には、飲みやすくするために抹茶や緑茶入りのものがあります。カフェインには血管収縮作用があり、早産や流産のリスクが高まるため妊婦は摂取を控えたほうがよいとされています。

 

また授乳中に摂りますと母乳にもカフェインが含まれることになりますので、赤ちゃんがカフェインを摂取することになります。イライラや夜泣きの原因となるとも言われていますので、こちらも摂取しないようにしましょう。

 

青汁の原料である大麦若葉にも少量ではありますがカフェインが含まれていますので、ノンカフェインの青汁を選ぶか、大麦若葉が含まれていない青汁を選ぶようにするといいでしょう。

 

食品添加物

青汁のなかには、飲みやすくするため合成保存料や安定剤、人工甘味料といった食品添加物が含まれているものがあります。人工甘味料の原料として代表的なアスパルテームは赤ちゃんの脳に影響を与える可能性があると言われていますので、できれば避けたほうがいいでしょう。

 

農薬・残留農薬

青汁は野菜ですので、育てられた環境によっては農薬を使用していたり残留農薬が心配なものもあります。青汁のなかには、無農薬栽培をしていたり出荷前に残留農薬の検査をしっかりしているものがありますので、そうした品質の高い青汁を選ぶようにするといいでしょう。

 

桑の葉

青汁の原料として桑の葉を使用しているものがあります。桑の葉はこれまで副作用などは報告されていないものの、妊婦や授乳中の方に対するデータもなく、臨床研究が十分ではないため、念のため摂取を控えましょう。

 

チェック

汁は妊娠中や授乳中の女性にたいへんおすすめなものではありますが、健康にいいからといってやはり飲みすぎには注意が必要です。1日あたりの目安量をしっかり守り、体調が気になる方は事前に担当医に青汁を飲んでもいいかどうか相談するようにしましょう。