Amazonランキング1位!ヤクルトのオリゴ糖配合の青汁のめぐり

Amazonランキング1位!ヤクルトのオリゴ糖配合の青汁のめぐり

ヤクルトから販売されている青汁はいくつかありますが、その中の一つで人気が高いのが青汁のめぐりです。気になる栄養成分や味、ヤクルトヘルスフーズの他の青汁との違いなど、青汁のめぐりを徹底検証していきます。

 

 

 

 

Amazon・楽天でも大人気!ヤクルト青汁のめぐり

 

ヤクルトといえば、おなじみの乳酸菌飲料ですよね。ヤクルトはそのほかにも健康食品や化粧品、医薬品事業なども手がけているのですが、そんなヤクルトで青汁商品をたくさん販売していることをご存知でしょうか?そのなかでも人気が高いのが「青汁のめぐり」です。

 

青汁のめぐりはAmazon青汁サプリメントの売れ筋ランキングでなんと1位、楽天市場の青汁ランキングでも5位以内という、非常に人気の高い青汁なんです。

 

ヤクルトが販売する青汁のめぐり、いったいどのような青汁なのでしょうか。

 

青汁のめぐりの原材料や栄養成分

青汁のめぐりの原材料

大麦若葉エキス末(デキストリン、大麦若葉エキス)、ガラクトオリゴ糖、水溶性食物繊維、デキストリン

 

大麦若葉メインの青汁

青汁のなかには原材料にさまざまな添加物・甘味料などを使用しているものもありますが、青汁のめぐりは原材料をみてわかりますように大麦若葉がメインのシンプルな青汁になっています。

 

ヤクルトの青汁に使われる大麦若葉は、自社工場のある大分県国東半島とその周辺地域が産地になっています。

 

契約農家との徹底した土作りから始まり、農薬・化学肥料を一切使わない栽培方法で育てられているものです。

 

 

大麦若葉は大麦の出穂前の若葉で、βカロテンや鉄を含んでいます。比較的癖の強いケールなどとは違いさらっとした癖のない味わいが特徴で、ヤクルトのオリゴ糖との組み合わせにより青汁が苦手な方にも飲みやすい後味のすっきりとした飲み続けやすい味になっています。

 

ただ、大麦若葉メインとはいえ、大麦若葉エキス末の内容を見てみますと、大麦若葉エキスよりもデキストリンの含有量が多くなっています。ここは少し気になるところです。

 

食物繊維とガラクトオリゴ糖の組み合わせ

最近の青汁では酵素や乳酸菌など健康のサポートになる成分を配合しているものも多く見られます。青汁のめぐりでは、食物繊維とヤクルトのオリゴ糖「ガラクトオリゴ糖」の組み合わせによって、栄養が体内をめぐることをサポートしてくれます。

 

 

ヤクルトのオリゴ糖とは?

乳糖(ラクトース)由来で、消化酵素で分解されずに腸まで届くオリゴ糖です。腸内細菌の栄養になります。

 

青汁のめぐりの栄養成分(2袋15gあたり)
  • 熱量 36~54kcal
  • たんぱく質 0.5~1.5g
  • 脂質 0.1~0.3g
  • 糖質 7~12g
  • 食物繊維 3.1g
  • ナトリウム 21~48mg
  • βカロテン 190~1,600μg
  • ビタミンK 41~138μg
  • 鉄 0.3~1.7mg
  • カルシウム 9~23mg
  • カリウム 138~414mg
  • マグネシウム 3~12mg
  • ガラクトオリゴ糖 2.5g

 

糖質の多さは少し気になる?

 

青汁のめぐりで気になるのは糖質の多さです。15g中、7~12gが糖質というのはなかなかの量です。食物繊維が3.1gなので、成分のほとんどが糖質と食物繊維でできているということがわかります。

 

糖質が砂糖や人工甘味料ではないのはうれしいですが、青汁として毎日飲むのであれば、やはり糖質などよりもビタミンやミネラルなど他の栄養成分が豊富なほうが嬉しいですよね。せっかく栄養豊富な国産の大麦若葉を使用しているのであれば、もう少し大麦若葉から栄養成分を摂れたらいいのかな?という気はします。

 

青汁のめぐりの味はどう?飲み方は?

青汁において気になるのはやはりその味です。毎日飲み続ける青汁だからこそ、やはり美味しくないものは続けるのが難しいですよね。

 

青汁のめぐりはやはりAmazonで1位になっているだけあって、口コミでも飲みやすいと評判です。糖質が多いためか、人工甘味料を足しているわけではないですが甘みを強く感じるという口コミもあります。

 

大麦若葉の青汁は比較的どの商品も飲みやすさはありますが、青臭さは多少あるものです。青汁のめぐりは青臭さもあまりなく、青汁が苦手な方でも飲みやすいタイプの味になっています。

青汁のめぐりの飲み方は?

青汁のめぐりは1日あたり2袋を目安に、1袋につき100ml程度の冷水やお湯、牛乳等各種飲料に溶かして飲むか、ヨーグルトなどいろいろな食品に混ぜても美味しいとのことです。

 

口コミをみていますと、水で飲むよりは牛乳や豆乳に混ぜて飲むのが甘みがより感じられて美味しいようですね。

 

青汁のめぐりの価格は?コスパはどう?

青汁のめぐりは他の青汁商品と比較すると非常にお手ごろ価格といえます。一般的な粉末青汁ですと、1包あたり100~140円程度のものが多いですが、青汁のめぐりは1包あたり約66円、2杯飲んでも132円ととても安いです。

 

価格 内容量 期間 1包あたりのコスパ
望小売価格 2,000円(税別) 5g×30袋入り(225g) 約半月〜1ヶ月分 約66円

 

また内容量をみてみますと7.5gとなっています。一般的な粉末青汁の内容量は3~4g程度ですので、それを考えますと、量といい価格といい毎日続けるには本当にもってこいの青汁と言えるでしょう。

 

青汁のめぐりはどこで買える?お得な買い方は?

青汁のめぐりはどこで買うことができるのでしょうか。

 

公式サイトをみてみますと、全国のドラッグストア、薬局、薬店、スーパー等での店頭販売となっています。青汁商品には、公式サイトのみでの販売など、市販されていないようなものも非常に多いのですが、こちらは手軽にドラッグストア等で購入することができるのがうれしいですね。

 

またいちいち買いに行くのが面倒…というのであれば、青汁のめぐりはAmazonや楽天などでも購入が可能です。

 

楽天

楽天市場内のさまざまなドラッグストアで青汁のめぐりを購入することができます。楽天ポイントを貯めている方には嬉しいですね。価格はヤクルトの希望小売価格よりもかなり低く、1箱1,200円台からあります。ストアによって価格や送料には違いがありますので、一番お得に購入できるストアを探してみるといいかもしれません。

 

Amazon

Amazonでも青汁のめぐりを購入することが可能です。こちらもヤクルトの希望小売価格よりも安く購入することが可能ですが、定期オトク便にするとさらにお安く購入することができるうえ、送料無料です。飲み続ける場合にはこちらもおすすめの購入方法です。

 

青汁のめぐりケールはどんな違いがある?

青汁のめぐりには、大麦若葉がメインの「青汁のめぐり」のほか、ケールがメインの「青汁のめぐりケール」があります。

 

青汁のめぐりと青汁のめぐりケール、この二つはどのような違いがあるのでしょうか。

 

原材料の違い

青汁のめぐりと青汁のめぐりケールの違いはまず原材料の違いにあります。

 

青汁のめぐり

大麦若葉エキス末(デキストリン、大麦若葉エキス)、ガラクトオリゴ糖、水溶性食物繊維、デキストリン

 

青汁のめぐり ケール 原材料

ケールエキス末(デキストリン、ケールエキス)、ガラクトオリゴ糖、グァー豆酵素分解物(食物繊維)

 

青汁のめぐりケールは、いわば青汁のめぐり(大麦若葉)のケールバージョンです。また食物繊維の種類にも違いがあるようです。

 

味の違い

青汁のめぐりと青汁のめぐりケール、やはり青汁原料の違いから味のほうも違ってきます。大麦若葉は比較的青汁のなかでも飲みやすいとされる原料ですが、ケールは独特の青臭さ・飲みにくさのある原料です。やはり青汁のめぐりケールの口コミも、ケール青汁のなかでは飲みやすいほうといったものもあれば、飲みにくい、まずいといった評価も多く見られます。

 

飲みやすさで選ぶのであれば、青汁のめぐり(大麦若葉)のほうが飲みやすいでしょう。

 

価格の違い

実は同じ「青汁のめぐり」シリーズでも、大麦若葉とケールでは価格に違いがあります。

 

青汁のめぐり
  • 内容量 1袋7.5g×30袋 225g入り
  • 希望小売価格 2,000円(税別)
  • 1袋あたり 約66円

 

青汁のめぐりケール
  • 内容量 1袋7.5g×30袋 225g入り
  • 希望小売価格 3,000円(税別)
  • 1袋あたり 約100円

 

内容量は同じく1包7.5gとたっぷり多めになっていますが、希望小売価格が1,000円も違います。ただ、どちらにしても一般的な粉末青汁と比べますと、この内容量でこの価格は安いです。

 

このように青汁のめぐりは同じシリーズであっても味も価格も原材料も違いがあります。ドラッグストアなどで購入の際には、間違えてしまわないよう注意しましょう。

 

青汁のめぐりまとめ

青汁のめぐりはヤクルトという誰もが知っているところから販売されている青汁という安心感と、Amazonや楽天など大手通販サイトの青汁ランキングで人気が高いということ、またそのお手ごろな価格から非常に購入しやすく続けやすい青汁と言えます。

 

こんな人におすすめ

  • 知名度が高く安心・安全な青汁を飲みたい方
  • 野菜不足の栄養補給に青汁を飲みたい方
  • 毎日飲むからなるべくコストを抑えたい方
  • ドラッグストアで気軽に買いたい方

 

こんな人には向かないかも?
  • 添加物の入っていない、100%葉っぱの青汁を飲みたいという方
  • 糖質を控えたい方

 

健康のサポートのため、また野菜不足の栄養補給として青汁を飲みたい方は多いかと思いますが、青汁は1回2回飲めばいいというものではなく、まずは続けることが大切です。気になる点がないわけではないですが、価格や量、味、安全性などトータルに考えても青汁のめぐりは続けやすい青汁と言えるでしょう。