1. 【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?
  2. 青汁のお役たち
  3. 乳酸菌入り青汁のメリット、体にいい理由

乳酸菌入り青汁のメリット、体にいい理由

青汁のお役たち
この記事は約 6 分で読めます。 34 Views

青汁と乳酸菌と言えば、健康によさそうなものの二大巨頭。
青汁は野菜不足を解消してくれそうですし、ヨーグルトなどの乳酸菌が含まれた発酵食品も何かと体によさそうなイメージがありますよね。

様々なメーカーから、様々な青汁が発売されていますが、その中には乳酸菌入りのものも目立ちます。
青汁と乳酸菌を一緒に摂ると、どんなメリットがあるのでしょうか?
より効果を実感しやすい飲み方はあるのでしょうか?

せっかく飲むのであれば、より健康にプラスになる飲み方を習慣づけたい青汁。
乳酸菌入り青汁が体にいい理由と、より効果的な飲み方を説明します。

 

乳酸菌入り青汁はなぜ体にいいの?

青汁と乳酸菌、それぞれ単体でも体にいいイメージがありますが、一緒に摂ることのメリットはどんなことがあるのでしょうか。
また、飲み続けることで期待できる効果にはどんなものがあるでしょうか。

 

食物繊維と乳酸菌が腸内環境を整える

青汁には、ケールや大麦若葉、明日葉などの原材料に由来する食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維には、腸を刺激して動きを活発にする働きや、便のかさを大きくする働きがあり、これによって腸内に便が溜まりにくくなると言われています。

きれいになった腸内には、乳酸菌などの善玉菌が繁殖しやすくなります。
食品に含まれる通常の乳酸菌は、多くが胃液もよって死滅してしまいますが、その死骸も他の善玉菌のエサとして活用されます。
生きたまま腸に届く乳酸菌(プロバイオティクスとも呼ばれます)は、有害な悪玉菌を排除して腸内細菌のバランスを整えます
腸内の乳酸菌がつくる有機酸なども腸の動きを活発にし、腸内環境を整え、いい状態に保つのに役立ちます。

 

便秘解消

特にダイエット中などは、ついつい食事の量が少なくなり、便秘に悩む人も多いのではないでしょうか。
食事量が減ると、腸の動きが悪くなったり、便のかさが減ったりしてお通じが悪くなることが多いですが、乳酸菌入り青汁には、これを解消する効果が期待できます。

また、便秘解消には水分が欠かせません。
多くの人が青汁を飲む場合は水などに溶かし、飲み物の状態で摂ると思います。
しっかりと水分を摂り、かつ腸の動きを活性化することで、便秘解消効果が高まることが期待できます。

さらに、乳酸菌による整腸作用も合わさり、便秘の解消につながるのです。

 

美肌やダイエットなど美容面のサポート

青汁に豊富に含まれる、ビタミン類は美肌やダイエットなど、美容を意識する方にとって不可欠な栄養素です。

ビタミンCは、体内でコラーゲンの合成を助け、お肌にハリ、キメ細かさを与えます。
抗酸化作用もあり、ニキビ跡やシミの予防、肌へのダメージの軽減にも効果が期待できます。

ビタミンEにも強い抗酸化作用があり、アンチエイジングに不可欠な成分と言われています。
細胞の新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーの促進、血行促進により、若々しいお肌を保つのに役立ちます。

青汁に含まれるビタミン(主にビタミンB群)、カルシウムなどのミネラルには脂肪の燃焼を助ける働きがあり、運動の際に摂ると脂肪の燃焼がより効率良く行われると考えられます。
青汁を飲むだけで脂肪が減る訳ではありませんが、ダイエットの手助けになるかもしれません。

また、腸内環境が整うことにより、必要な栄養を効率良く吸収し、不要なものをスムーズに排泄できるようになると、代謝が上がるとも言われています。
お肌のターンオーバーが促進される、無駄な脂肪がつきにくくなるなど、美容面にプラスな効果が期待できます。

 

花粉症などアレルギーの軽減

腸内環境を整えることで、免疫機能を正常に保ちやすくなるとも言われています。
花粉症などのアレルギーは、免疫機能が過剰に働いて体を攻撃してしまうことが原因なので、乳酸菌入り青汁を続けることで症状の軽減が期待できます。

ただし、乳酸菌入り青汁は薬ではありませんので、花粉症の症状が出ている状態で飲み始めても、劇的な効果は見込めません。
花粉症を発症する以前から継続して飲んで腸内環境を整えておき、症状が出にくい体を作っていくことが大切です。

なお、乳酸菌入り青汁の原材料に対してアレルギーがある人、体に合わない人は、いくら健康にいいと言われるものであっても無理に飲まず、お医者さんの指示に従うよう注意しましょう。

 

効果的な青汁の飲み方

飲むタイミング

薬のように、厳密に飲むタイミングを決める必要はありませんが、日常生活の中で無理なく続けられるタイミングを見つけましょう。

朝ごはんの際に飲むと、寝起きの体にしっかりと栄養を補給することができますし、腸を目覚めさせてお通じを促してくれることも期待できます。
時間がなくて朝は食べられないという人や、朝は食欲が湧きにくいという人でも、コップ1杯の青汁ならば続けやすいのではないでしょうか。

また、食事前に飲むのもオススメです。
食物繊維が豊富で満腹感を感じやすい青汁は、その後の食事で食べ過ぎを防ぐこともでき、ダイエットにも一役買ってくれるはず。

間食がやめられない人は、青汁をお菓子やジュースの替わりに飲むのもよいでしょう。
ゆっくりと噛み締めるように飲めば満腹感も得られやすく、お菓子よりローカロリーで栄養も豊富です。

 

乳酸菌入りの青汁が手に入らない場合は

粉末タイプの青汁は、様々な飲み物に溶かして飲むことができます。
水に溶かすのが一般的かもしれませんが、ヨーグルトに混ぜて食べたり飲むヨーグルトや乳酸菌飲料に溶かしてもおいしく飲めるものもあります。
これであれば、乳酸菌も一緒に摂ることができます。

ヨーグルトなどと合わせると、青汁の青臭さや苦味も感じにくくなりますが、それでも気になる場合はオリゴ糖やはちみつなどを加えてもよいでしょう。

様々な商品があるので、飲みやすく、おいしく楽しめる飲み方で、無理なく続けることが大切です。

 

 

 

まとめ

乳酸菌入り青汁は、飲めば健康になれるような魔法の飲み物ではありませんが、腸内環境を整え、維持したり、不足しがちな栄養補給のサポートになる心強い存在です。
保存や携帯もしやすく、調理の手間もなく、コップ一杯を飲むだけなら、忙しい人にも続けやすいのではないでしょうか。

乳酸菌入りだけでなく、様々な工夫を凝らした青汁があり、原材料や味、価格も多種多様です。
どんな青汁を選べばいいのか、青汁選びの際に抑えておきたい具体的なポイントについては、青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?をご覧ください。

乳酸菌入り青汁は、健康的な体を手にいれるための心強いサポート役です。
飲んですぐ何かが改善する、よくなるものではありませんが、継続することでメリットが実感できるはず。
無理なく続けられる商品やタイミング、飲み方を見つけてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【青汁モール】青汁人気ランキングの保存版!効果的な選び方とは?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

妊娠中のつわり、便秘などの体調不良をきっかけに青汁にハマった、30代主婦ライター。
大学時代に栄養化学を学び、食品メーカーに勤務した経験も活かしつつ、健康に役立つ青汁の活用方法を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊婦さんは青汁を飲んでもいい?メリットと注意点

  • 青汁に豆乳をプラスするメリットとオススメアレンジレシピ

  • 挫折した人でも続けられる、青汁のおいしい飲み方レシピ集

  • 便秘解消のサポートに青汁が最適な理由と効果的な飲み方

関連記事

  • 青汁に効果がないと感じる人が気をつけたい3つのポイント

  • 挫折した人でも続けられる、青汁のおいしい飲み方レシピ集

  • 便秘解消のサポートに青汁が最適な理由と効果的な飲み方

  • 狙う効果、目的別の青汁を飲むべきタイミングとは?

  • 妊婦さんは青汁を飲んでもいい?メリットと注意点

  • 本当のところ、青汁の何が体にいいの?青汁に含まれる栄養素とは